3万円で買える! 初心者おすすめギターブランド8選

初心者向け
ギター ブランド 初心者

「ギターをはじめたい!」と思って次にすることはギターを買うことだと思うんですが、初めはどんなギターを選んだらいいのかわかりませんよね。

しかし初めての1本というのはすごく重要で、そのギターの良し悪しで今後のギターライフが変わってしまうかもしれません。

そこで今回は私が実際に買ってよかったギターやAmazon・サウンドハウス等で評価の高いギターメーカーやブランドを厳選して紹介します。

正直1本目はそんなに高いものを買う必要はないと私は思うので、今回は3万円以内で買えるようなブランドにスポットを当てて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

PLAYTECH

PLAYTECH / エレキギター ST250

音楽通販サイト「サウンドハウス」のオリジナルブランドであるPLAYTECHは泣く子も黙る安ギター界の帝王。

ストラトやレスポール、ES-335など数多くギターのコピーモデルを販売しています。

このPLAYTECHの特筆すべき点はその価格。最も安いST-250と呼ばれるモデルの価格はなんと税抜きで7480円。価格破壊です。

とにかく安くギターを手に入れたいという方におすすめです。私のファーストギターはPLAYTECHのレスポールタイプでした。

これだけ安いと品質もそれなりなのではないかと考えてしまいますが、私が使っていたPLAYTECHのギターは特にトラブルもなく普通に使えていました。もし万が一製品にトラブルが発生してもサウンドハウスが対応してくれるため安心です。

ちなみにPLAYTECHのギターやベースはサウンドハウスのみの販売となるため、サウンドハウス以外の楽器店での取り扱いはありません。

 

Legend

LEGEND LST

LegendはAriaproⅡという日本のメーカーの姉妹ブランドです。価格はソフトケース付きで9,000円ちょっとから。

ストラトキャスタータイプとテレキャスタータイプのギターがラインナップされています。

Legendのギターは多くの楽器店で取り扱っていますので、できるだけコストは抑えたいけれどギターを実際に触ったり弾いたりして購入したいという方におすすめです。

楽器店でギターを購入すると通販よりも手厚いアフターケアを受けることができます。

 

Blitz

息子が安いギターを買った。BLITZ ブリッツBLP-SPL

BlitzはLedend同様AriaproⅡのブランドののひとつ。楽器店でもよく見かけるブランドかと思います。

大元のメーカーは同じAriaproですが、フェンダー系をラインナップするのがLegend、ギブソン系がこのBlitzといった棲み分けがされています。

Gibson系のコピーモデルを扱うブランドの中ではPLAYTECHと並んで支持を集めているブランドです。

レスポールスタンダード、レスポールスペシャル、レスポールカスタム、SGの4種のコピーモデルがラインナップされています。

ソフトケース付きのレスポールタイプのギターが25,000円ほどで購入できます。

 

Bacchus

【Bacchus BTE-1R 3TS】初心者オススメ!バッカスのテレキャスターどんな音?エレキギター試奏レビュー!【エフェクター:BOSS OD-3 ギターアンプ:Roland JC-40】

Bacchusは長野県に本社を置くギターメーカーです。特にベースの評判が良く、数多くのプロミュージシャンが使用していることでも有名です。

1万円台のモデルから数十万円するモデルまで幅広い価格帯のギターやベースを取り揃えています。こちらのメーカーもストラトやレスポール等、一般的なモデルは一通りラインナップされています。

最も安い価格帯のユニバースシリーズはソフトケース付きで価格は17,000円〜。

 

YAMAHA

YAMAHA / エレキギターPACIFICA 112V

ピアノやドラムなどの楽器だけでなく、バイクや音楽教室などでも有名なYAMAHA。楽器に詳しくなくても一度は聞いたことのあるメーカーかと思います。

そんなYAMAHAのギターの中で最もの手が届きやすいのがPacificaシリーズ。その入門グレードである112Vと呼ばれるモデルは3万円ほどで購入可能です。

あらゆるジャンルに対応可能なSSH配列(フロントとセンターピックアップがシングルコイル、リヤピックアップがハムバッカー)を採用しているのもポイントです。

名の通った国内メーカーですので今回紹介している価格帯(〜3万円)の中では最も品質の良いギターかと思います。そのためコストパフォーマンスの高いギターが欲しいという方にはぴったりかと思います。

 

Ibanez

Ibanez Gio GRX40-MGN

Ibanezは愛知県に本社を構える星野楽器のブランド。

Ibanezのギターは国内外問わずロックからジャズまで、幅広いジャンルのギタリストに愛用されています。

動画にある入門向けモデル、「GRX-40」は約2万円から購入することができます。

先述のPacifica同様SSH配列を採用しているため、あらゆるジャンルに対応できるのがこのギターの強みです。Ibanezのギターはハードロックやヘヴィメタルをプレイしたい方におすすめです。

また、GRX-40を含むGioシリーズにはピックやストラップ、クリーニングクロスなどが入ったアクセサリーキットが付属するので初心者の方には嬉しいポイントです。

 

Squier

Squier Standard Stratocaster Gold Series Electric Guitar Review

SquierはFender社の傘下ブランドです。

これまで紹介してきたPLAYTECHやBlitzのギターはあくまでコピーモデルだったんですが、SquierのギターはFender社のライセンスの下に製造しているので「ストラトタイプ」ではなく正真正銘のストラトキャスターです。

Affinityシリーズと呼ばれるSquier最安価のモデルは2万円くらいから購入できます。

Fenderのライセンスを得て製造しているので品質面・サウンド面ともにFenderお墨付き。個人的には後述のEpiphoneと共に最もおすすめしたいブランドの一つです。

また本家Fenderには無いオリジナルモデルを製造したりもしています。

 

Epiphone

Epiphone Les Paul Studio Alpine White Demo

Epiphoneは1928年にニューヨークで創業した楽器メーカーです。1957年にGibsonに買収され、Gibson傘下のブランドとなりました。

Squier同様Gibson社のライセンスの下ギターやベースの製造を行っています。

最も有名かつ標準的なモデルであるレスポールスタンダードは5万円以上しますが、その一つ下のグレードである「スタジオ」は2万5千円ほどで購入することができます。

スタジオはスタンダード(基準モデル)から装飾を省いてコストダウンを図ったモデルで、使用している木材や中身の部品はスタンダードとほぼ同一です。

Gibsonもそうですが、Epiphoneのギターには永久保証(材料または製造上の不具合が原因の場合のみ)が付くのも嬉しいポイントですね。

 

まとめ

いくつかブランドやメーカーを紹介しましたが、ギターを購入する際は楽器店へ足を運んで実際に触ってみる・弾いてみることをおすすめします。(かくいう私は通販で購入しましたが)

ギターは工業製品であるため、同じメーカー・同じ型番のギターでも結構弾き心地が違いますし、楽器店だと店員さんのアドバイスを受けることもできます。

今回紹介したメーカーやブランドはそれぞれ特長があるので、自分の予算や好きなジャンルにあったギターを選ぶといいですね。しっかり検討して後悔しないギター選びをしましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みやちをフォローする
エレキギター解体新書